歴史を知ろう

いくら副業とはいえ、雀荘の経営者が、麻雀の基礎を知らないと言うのは、けしからんと感じ、麻雀を基礎から学んでみる決心を致しました。麻雀を知らない人々にも、麻雀に興味をもって頂ける良い機会になる事を願っています。

麻雀は中国で生まれた、いくつかのゲーム遊び(カードゲームやサイコロゲーム)が混ぜ合わさり、「麻雀」として世界中で愛されるゲームへと発展しました。単体の「麻雀」としてのゲームになってからは、中国で独自の発展をみせたようです。諸説ありますが、日本に麻雀が伝来される前には、ヨーロッパやアメリカに先に渡り、麻雀ブームを巻き起こしていたようです。

日本には、直接中国から入ってきたという見解もありますが、アメリカから伝来されたという見方が、最近では強くなっているようです。麻雀は人々の間で持て囃され、世界各地でブームを生んだ事が発端となり、世界中で今なお愛され続けるような、世界的なゲームとして現代にも根付いているのです。

雀荘に通った事のない人でも、テレビドラマや映画などでも雀卓を囲む人々が「リーチ!」などと吠えるような雄たけびを目にした事はありませんか?

この「リーチ」について調べてみると、世界大会などの麻雀ゲームには存在しないルールであるようです。私達が日頃から慣れ親しんでいる麻雀ルールの中には、世界においては通用しないようなルールの取り決めもあるようです。

また、ゲーム中の「声掛け」も、元は中国語ですので、日本人である私達が、本来の発音を捻じ曲げて、ルールとして使用しているような呼び掛けもあるようです。また、麻雀牌の図柄なども、各国に普及している麻雀牌に独自の違いがるようで、そのユニークなオリジナリテには、本当に万国、万人の手を通じて麻雀ブームが巻き起こった事の証であるようにも感じます。