勢いと流れ

長く麻雀をやっている人の中には、牌の「勢い」や「流れ」と言ったものをやたらと語りたがる人がいるように思います。和了したあとの勢いで攻めるとか、放銃した場合には勢いが感じられないと言ったことが当然のように解説書に書かれているのを目にしたこともある人は多いでしょう。こういったことに影響され、麻雀初心者の人々は決まって「勢い」や「流れ」もしくは「ヒキ」などというものの存在を信じてしまう傾向にあるのではないでしょうか。しかし、その信ぴょう性といいうのは疑わしいのではないでしょうか。「勢い」があってもなくても、同じようにリーチをかければ同程度和了できますし、「流れ」が影響して配牌が変わるということは結果として結びつかないのではないでしょうか。「勢い」を感じている時にリーチが和了しやすいかどうかという検証結果があるようですが、これによると、残念ながら「勢い」信者が絶対的な強さを持っているということは言えず、実質「勢い」と「流れ」などの存在を否定しているとも言えるでしょう。物理的に実証されない以上、単に「印象」によって勝敗が語られているとも言えるでしょう。雰囲気を感じるのも楽しいとは思いますが、ダマにすべき時はなダマにすべきと言え、反対にリーチすべき時はリーチすぺきと言えるのではないでしょうか。無駄に「勢い」や「流れ」に染まらないよう気をつけましょう。

コメントを残す