ネガティブマインドの危険性

ネガティブマインドは、我々を危険や恐怖感、悲しい思いをさせないために、セルフイメージ・マインドセットをつくります。

我々はそのセルフイメージ・マインドセットによって、救われたこともきっとあったはずなのです。しかし我々はそれらが単にそういったマインドだということを忘れ、マインド自体が自分、真実だと同化してとらえてしまうことによって、人生において、そのマインドがあなたに対して映し出していること以外の選択ができなくなるのです。

こうなってくると自由を失い、苦しんでしまうわけです。たとえば思春期の女の子が日が沈んだ道で、背後から突然痴漢にあったとします。

このマインドが教えてくれたように、大人になってもそのような怖い思いをしたことから、夜道や人気がないところは一人では歩かないように気をつけるようになるでしょう。

スピリチュアルの視点から、マインドの「あなたを守りたい」という意図を理解すれば、そのマインドにすべて従う必要はないと理解できるようになります。