スピリチュアルとフェイクファー

命を尊重する生き方の中で、フェイクファーの勧めというのがあるそうです。私たちは、ファーが本当に必要なのかということを考えるのです。動物の命を奪っているというこに気づいてほしいと。フェイクファーで十分に温かいし、可愛いのは確かです。消費者として、買わない選択をするのもスピリチュアルなつながりを大切にするということです。買わない選択をすれば、売れなければ作らないという方向になるはずです。感謝も必要です。ネイティブアメリカンは、バッファローを狩ったら、命をささげてくれたバッファローとそれを授けてくれたグレートスピリットに祈りをささげるそうです。肉だけではなく、骨や角、皮などすべてを大切に生かして使うそうです。それがバッファローに対しての愛と敬意だからとのこと。感謝はエネルギーを変容させるそうです。